座学に勤しむ。【MMDのカメラワークを学ぶ】

Pocket

南里です。
MMDのカメラを自分で作ろうと思い立ったは良いのですが、そもそもどうすれば良いのか分からないわけなので、
今日は参考動画を色々みたり本を読んだりと座学をしていました。

まずは、本の紹介から。
MMDについてモデルの動かし方について書いた本は結構あるのですが、映像制作まで踏み込んだ本はありませんでした。
ただ、「映像制作」ということであれば、リアルの映像に関する書籍はそこそこありました。
(どれもムックタイプです。映像の解説をするために、ある程度の大きさは必要だったのでしょう)

図解映像編集の秘訣―映画とテレビ番組、コマーシャルから学ぶ映像テクニックのすべて

1冊だけというのであれば、これで事足りる気がします。映像の基本テクニックに加え、一般的な映画から特撮・アニメまで幅広い事例を元に解説している本です。

図解だからわかりやすい映像編集の教科書

まさに教科書的な1冊だと思います。映像制作の心構えから始めているため、全く何も分からない方にこそお勧めできる本でしょう。
基本に立ち返ることのできる本だと想います。

映像カメラマンのための構図完全マスター

僕が買ったのは新版ですね。これは上の2つとは異なり、構図のサンプル画像集と言えるものです。
良い構図が思いつかない(特に素人の方)場合に、これを見ながら考えると良いと思います。

 

実際のMMDのテクニックについて、これはニコニコ動画の方にいくつか上がっていたので、紹介してみます。

【MMD】脱初心者のためのカメラ講座(基礎編)

基本的なカメラの種類の説明から始まって、そのテクニックをMMDでどう表現するか説明しています。
細かく、するっと説明しているところが良いです。
最後の、イマジナリーラインを超えても良い。というくだりは(個人的に)おかしいとは思いましたが。

【MMD】PV・曲モーション用・カメラワーク講座【基本編】

MMDでカメラを撮る際の基本的な設定の仕方について、説明しています。
シンプルなカメラワークの設定方法から始まり、設定した際の見え方を解説している動画です。
それぞれの説明が必要に応じて図解を入れたりと、とても分かりやすかったです。
このシリーズの続き、応用編もとても良い動画でした。

【新潟MMD勉強会】 6666AAPが教えるカメラワークの魔法のコツ

有名MMDerによる新潟での講演動画です。
すごく再生時間が長く尻込みしてしまいそうなのですが、とてもためになる動画です。
動画内で三行にまとめらているかしょがありますますが、中身はかなり濃く、本一冊書けそうなほどの内容でした。

【MMD】【MMD艦これ】金剛さんで極楽浄土【カメラ配布あり】(基礎編)

最後に、軽く見た中で再生数が多く、見ていて参考になった動画をあげます。
単純に、何も知らずに見ても楽しめる動画なのですが、
色々テクニックを知った上で見ると、新たな発見を見ることができます。
今までの座学用の動画にはない手法があったりと、勉強になる動画でした。

絵コンテをいきなり作ろうとなど、素人考えでした。もう少し座学をしていこうと思います。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

今日はお休み