VOICELOIDにおける抑揚パラメータで気づいたこと

Pocket

南里です。
今日もボイロで中国語の発生を試してました。
まだ、ベストの発声をつかむところまでは言っていないのですが、
「抑揚」パラメータで気づいた版権がありました。

以降はプリセットを指定していない、ノーマルなあかりです。

VOICELOID,紲星あかり,中国語発声,抑揚デフォルト,テスト

なにも指定していない場合の発声が以下の通りです。(キャプチャは抑揚パラメータのものですがほかのパラメータも弄っていません)

※通常アクセント、抑揚:1.0

これに、

VOICELOID,紲星あかり,中国語発声,抑揚1.5,テスト

抑揚を大きく設定すると、このように発生します。

※通常アクセント、抑揚:1.5

最初の「テ」を強く高めに発声して、「スト」の部分が低めに抑えて発声します。

逆に

VOICELOID,紲星あかり,中国語発声,抑揚0.5,テスト

抑揚を低く設定すると、

※通常アクセント、抑揚:0.5

こんな感じの、のっぺりとした発声になります。
日本語の発声として考えると違和感はありません。ただ、

VOICELOID,紲星あかり,中国語発声,アクセント分割,テスト

このようにアクセントをばらした場合、

※アクセント分割、抑揚:1.0
※アクセント分割、抑揚:1.5
※アクセント分割、抑揚:0.5

このように、抑揚のパラメータを下げたほうが、声が高くなりました。

パラメータを上げると、声も高くなる先入観を持っていたので、
これの特性を発見したときは驚きました。

これを踏まえて、調声中です。
中国語は四声の発声さえつかめれば、ある程度何とかなるはずなので、
引き続き頑張ります。

今日はここまで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。