何度聞いても機械音

Pocket

南里です。

今日はVOCALOID紲星あかりをお迎えしたのですが、

事前に体験版をダウンロードして、いち早く使い始めていたため、
とりたてていじる事もなく、
淡々とインストール&アクティベートをして、
新しいExtraVOICEを軽く聞いたあとは、
VOICELOIDの調声を進めていました。

※新しいExtraVOICE

 

中国語は、基本的に四声という4つの声調(トーン)と母音・子音を組み合わせで発生します。
なので、この四声を作ればかなり応用が聞くのですが……。
(四声についてはこのあたりのサイトが参考になります「中国語の四声(声調)とピンインや発音の簡単練習方法」

基本的にVOICELOIDは日本語を発声するように作られています。
日本語は会話の流れでイントネーションが変わるので、
前後に言葉に引っ張られて一定のイントネーションでは喋ってくれ間ません。

そこで、こんな風にアクセントを分けて発声させようとしてのですが、そうするとかなり機械が喋っている風になってしまいました。

例えば、你好(nǐ haǒ)という言葉ですが、
こんな感じに設定しました。

VOICELOID,紲星あかり,中国語発声,ニーハオ,高さ

それっぽい高さにしようと思うと、どうしても機械っぽさが出てしまいます。
(あかりの基本設定から若干変えてます)

もう少し滑らかに喋ってくれるといいのですが、
音の高さを合わせようと思うと、どうしても発声がきつくなります。

ゆかりの場合、感情パラメータを変更すると細かなイントネーションが変わりますが、
そうすることである程度は回避できました。

VOICELOID,結月ゆかり,中国語発声,ニーハオ,ボイスプリセット

ゆかり你好

 

ただ、それっぽい感じにはなったと思うのですが、
機械っぽさは抜けません。
そもそもあかりには感情パラメータがないのでこの方法は使えないですし。

ちょっと、VOICELOID単体では限界があるかもしれないと思い始めてきました。
並行して別のほうほうも模索しようと思います。

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。